パチンコ・パチスロなど、ギャンブルで負け続ける人の特徴

ギャンブルで勝つ秘訣

宝くじのプロが存在しないように、不確定要素の強いゲームにプロは存在しないと思っていました。

ところがパチンコやスロット、競馬、ブラックジャックなどのギャンブルで、現実にはプロと呼ばれる人たちが存在しています。これらは運が支配する不確定要素の高いゲームのはずなのに…。

たとえばブラックジャックでは、使用済みカードをすべて記憶するカードカウンティングの技術で特定のカードの出現比率を予測することが可能です。麻雀でも同じように捨て牌から相手の手を予測して確率的に有利な局面で勝負する定石というものがあります。

パチンコやスロットは出玉や大当たりが機械の設定で制御されていますが、プログラムを解析することで必勝法が成立する場合もあります。

あなたがこれ以上ギャンブルで負けたくないなら、その道のプロになることです。

しかしながら、これらプロの技術やセオリーを獲得するには人生の貴重な時間あるいはお金、もしくはその両方が必要です。気晴らしにやるギャンブルのためにそこまで犠牲を払うのは、賢い選択ではありません。

ギャンブルの通算成績は大幅なマイナス

今でこそギャンブルは趣味の範囲に留めていますが、学生時代はそれこそ寝食忘れて没頭し、当時のアルバイトの給料すべてをスロットの台につぎ込んでいた時期があります。

その台はジャグラーという台でした。特別派手な演出はありませんでしたが、それだけに自分の技術で当たりを引いているような感覚にハマったのです。

秘宝伝 4号機

社会人になってからも毎日のようにパチンコ屋のスロットコーナーに通っていた時期が1年だけありました。4号機の「秘宝伝」という台で、当時としては演出が凝っていました。

伝説モードからボーナスが確定するまでのドキドキ感、流れるBGM、確定の瞬間、すべてが最高です。スロットのゲームソフト「秘宝伝」を購入して自宅のゲーム機でプレイしていたくらいですから相当ハマってました。

ジャグラーにしても秘宝伝にしても、ハマるきっかけは2日でプラス8~9万と大勝ちしたことでした。しかしながら悪いときは連日負け続けます。

計算したことはありませんが、ギャンブルの通算成績は大幅なマイナスだと思います。

さて、私のハマったパチスロ4号機「秘宝伝」の特徴は、大当たりを引ければ一発逆転があったことです。

5号機は「遊べる5号機」と呼ばれ”長く遊べる”のが特徴です。これは裏を返せば大当たりもダラダラとしか続かず、爆発力がないということです。

そして5号機以降も規制は続き、今の現行機は引いてもそれなり。

ハイエナメインのサラリーマンは確実に減りましたよね。会社帰りの18時から閉店の23時まで打っても爆発しないから大きく勝てないし、負けることだってあるからホールから足が遠のくのでしょう。

4号機に規制が入りはじめたのをきっかけに、私のギャンブル熱は冷めていきました。

ギャンブルで負け続ける人の特徴

先にギャンブルは勝てないという話をしましたが、例外もあります。個人的な経験から言うと精神的、経済的な余裕のあるときには勝てます。じつは、大半のマイナスは学生時代のパチンコ屋通いが原因です。意外なことに社会人になり安定した給与収入を得るようになってからは、それほど負けていません。

何が違うかというと、安定した収入があるかどうかだったと思います。

学生のアルバイトをしていた時期でも、負け続けた時期と収支がプラスの時期でアルバイト収入に大きく差がありました。

大学生になり立てで短期高収入アルバイト(家庭教師)を始めた頃、このバイト代がかなりおいしかったので経済的に余裕がありました。生徒の家で夕食をごちそうになることもあって食費まで浮くのです。

精神的にも経済的にも余裕がある状態でした。

この頃はバイトの帰りに駅前のパチンコ屋でスロットを打つのが日課のようになっていましたが、こういう時は不思議と負けません。

時間も時間だし、少し負けるともういいかなと思える。勝っているときでも、今日はもう帰って、家で教材を作るほうがいいかなと思う。余裕があるから冷静に引き際がわかるのです。そうすると、負けない。

逆にアルバイトを辞めて無職で余裕がないときに、お金を借りてまでギャンブルをやると必ず負ける。つまり何が言いたいかというと、パート・アルバイトなどの安定した収入もないのに、キャッシングをしてまでギャンブルをしてはいけないということ。

ギャンブルで負け続ける人に足りないもの、それは心と財布の”余裕”です。

余裕があると冷静になれる。冷静になれると、引き際がわかってヘンにハマらない。これがギャンブルで大負けしないコツです。

2015-06-07 | Posted in 学生キャッシングNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



安全・安心な即日キャッシングはいったいどこから申し込めるの?
と疑問に思ったあなたにお伝えしたいことがあります。実は、このサイトには、お申し込みボタンを置いておりません。なぜなら……

さらに続きを読む…